30代になると目の周りの悩みが気になり出していませんか?

笑った時にできる小じわが気になって、笑いをこらえるなんてことありますよね。

あるいは、30代は仕事も充分にこなせるようになり、いそがしさMAX!!の生活で、疲労もMAX!!!で、そして目の下にクマが出現!!

そして、クマが日に日に濃くなってゆく・・・。
そんな悩める30代のために、この記事では【30代におすすめのアイクリーム】をランキングにして発表しちゃいます^^

ぜひ、あなたにピッタリのアイクリームで、素敵な笑顔を維持しましょう!!

 

アイクリームのおすすめ【30代編】ランキング!

 

 メモリッチ

 

 

価格:6,980円(3か月分のお得定期コース)(税別)
容量:15g×3本(3か月分)30日返金保証あり

 

たくさんの雑誌でも取り上げられている【メモリッチ】は独自配合したアイキシルという成分で、

  • コンシーラーでは隠せない!
  • いつも睡眠不足に見られる・・・
  • 皮膚の張りが少なくなってきた!
  • 目元が乾燥がひどくなったように感じる・・・

など30代の目の周りの悩みを、全方向的にカバーしているアイクリームです。

30代で、少しで出始めたシワやたるみ、疲労によるクマ、そして何より40代・50代になってから対策するより必要な予防ケアがしっかりできるメモリッチは、30代には最もおすすめできるアイクリームです!

 

 アイキララ

 


価格:2,980円(税別)
容量:10g(1か月分) 全額返金保証あり

 

30代になれば、仕事や育児に忙しくって、疲労の蓄積も感じちゃいますよね・・。

そんなお疲れの30代には、目の下のクマに悩まれている方も多いですが、そんなときに強い味方になってくれるのが、クマ対策のアイクリーム、【アイキララ】です!

うわべだけでクマを隠すようなことを続けていても、根本的な解決になりません!

しっかりクマの原因を研究して作られたアイキララで、効果を実感してください。

 

 

 アイプリン

 

価格:1,480円(初回限定価格)(税別)
容量:2ml(1か月分)全額返金保証あり

 

30代になって気になるのが、老けて見えること。

目の周りの悩みは、特に老けて見えることが多いので、気を付けたいですね。

でもその原因は、仕事のストレスや疲労、睡眠不足、スマホの使いすぎ、エアコンによる乾燥など、簡単には直せないものばかりです。

なので、コスパが良いアイプリンであれば、継続して目の周りをケアできるので、あなたの目元を守ってくれます!

さらに全額返金保証も付いていて安心ですよね^^

 

 

30代の目の周りの悩みの症状って?

30代になると、20代のときには気にならなかった目尻のシワや、たるみを実感する人が多いでしょう。

「これまでは寝不足でも何ともなかったのに、今は次の日の朝に鏡を見るのが怖い…」
「1度クマができるとなかなか治らなくなってしまった」

というお悩みが増えてくるのも、30代ならではの特徴です。

特別シワやクマといった症状がハッキリ現れているわけではなくても、なんとなく顔の印象がくすんで見えるような気がする、最近「ちょっとお疲れ気味?」と言われることが増えた…という場合、それは目元に疲労感が出ている証拠かもしれません。

目は顔の中でも存在感の強いパーツのため、他人から見たときのみなさんの印象を大きく左右するポイントのひとつになります。

だからこそ、目元に出てくるシワやたるみなどのエイジングサインを見逃すのは禁物!
 

これまでになかった目の周りの肌トラブルを発見すると、「やっぱり私も確実に歳を取ってるっていうことなんだなぁ」と少々ショックを受けてしまう人も少なくないかもしれませんが、それは生きている限り誰もが通る道です。

早めに対処することでその症状を解消し、今後のための予防を行っていくこともできますので、目の周りの症状は目元専用のアイクリームで適切にケアしていきましょう。
 

 

30代の目の周りの悩みの原因は?

そもそも30代で出てくる目の周りの肌トラブルは、何がきっかけで発生するものなのでしょうか。
よくあるお悩み別に、その原因をピックアップしてみました。
 

シワ

目元のシワには、大きく分けて2つの原因があります。

そのうちのひとつが「乾燥」で、目元の皮膚は顔全体に比べて皮脂が分泌されにくいため、どうしても普段から水分・油分が不足しがちになってしまうのです。
 

たとえばメイク直しのとき、小鼻やおでこは時間が経つとすぐにテカってしまうのに、目元だけはやけにカサカサしている…というような現象を不思議に思った経験はありませんか?

目元はそれだけ常に乾燥にさらされているため、肌が水分や油分で守られていない=外部からの刺激に対しても非常に弱い状態になっています。

そこに紫外線によるダメージや、物理的に目をこすることで受けてしまうダメージが積み重なると、その負担がシワを生み出す原因となってしまうのです。
 

また、2つ目の原因は「目元の運動量の多さ」にあり、表情を作るたび・瞬きをするたびに目元の筋肉は忙しなく運動を繰り返しています。

これも目の周りの皮膚にとっては、無視できない負担のひとつです。

この運動量の多さからくる小ジワは「表情ジワ」とも呼ばれ、歳を重ねるほどに目元に出てきやすい傾向があるでしょう。
 

たるみ

目元のたるみは40代以降急に増えてくる肌トラブルのひとつですが、30代でも気になり始める方は珍しくありません。

これは加齢にともなって皮膚の中にあるコラーゲンが少しずつ減少してしまうことが主な原因で、目の周りを支える筋肉の量が低下してしまうことも要因のひとつです。
 

特にコラーゲンには、皮膚を内側から支えてハリのある肌をキープする役割があり、肌の弾力を生み出す働きのある「線維芽細胞」という組織によって作られる成分なのですが、歳を重ねると線維芽細胞自体の働きがまず緩やかになります。

そうすると作られるコラーゲンの量も必然的に少なくなり、皮膚のハリを保つことが難しくなるため肌のたるみにつながってしまうというわけです。
 

クマ

クマにはその色味によって様々な原因がありますが、30代で特によく見られる「茶グマ」は、肌の色素沈着が原因で発生します。

色素沈着は目の周りを強くこすったり、紫外線を浴びたりすることで起こってしまうことが多く、花粉症などで目のかゆみが出やすい方や、外で過ごすことの多い方、あとは普段からアイメイクをしっかりする方も注意が必要です。

というのも、アイメイクを落とすときのクレンジングでついゴシゴシと力を込めてしまうケースは意外と多く、ほとんどが無意識なので、気付かないうちにどんどんダメージが蓄積されていってしまいます。
 

また、一般的に広く見られる「青グマ」は、睡眠不足やストレスで血流が滞っていることが主な原因。こちらは茶グマよりは比較的すぐに消えやすく、目元を優しくマッサージすることでも改善されることがあります。

しかし、良かれと思って行ったマッサージも、その力加減が強すぎるとまた色素沈着の原因になってしまうので、クマにお悩みの場合もやっぱり専用のアイクリームを使用したほうが効果的でしょう。
 

 
 

30代にアイクリームが必要な理由とは?

ここまで見てきたように、30代が悩みがちな目元の悩みは、「乾燥」「コラーゲン不足」「色素沈着」が大きな原因となっています。

これらは一見アイクリーム以外のものでも対処できそうに思えるかもしれませんが、たとえば顔全体に使用している化粧水や乳液を目元にも併用してしまうと、実は目元にとっては刺激が強すぎる=かえって症状を悪化させてしまうこともあるのです。
 

目元は他の顔のパーツに比べて皮膚の厚みがかなり薄く、3分の1ほどしかありません。

要するにかなりデリケートなので、目の周りには目元専用に考えられたアイクリームを使用するのが1番安全で、結果的にはスムーズに悩みを解消することにつながります。
 

また、「シワやクマはちょっと気になるけど、まぁ本格的なケアを始めるのはまだ先でいいかな」と思っているみなさんこそ、今始めておくことで40代・50代になったときの土台をよりキレイに整えておくことができます。

30代のうちからアイクリームでケアしている人と、40代・50代になってから焦ってケアを始めた人とでは、やっぱり30代から準備していた人のほうが大きな効果を得ることができるのです。
 

30代のアイクリームのおすすめの選び方!!

「乾燥」「コラーゲン不足」「色素沈着」にアプローチするには、それぞれ以下の美容成分が入ったアイクリームを選ぶのがおすすめです。

■ 乾燥:セラミド、アミノ酸、ヒアルロン酸、コラーゲン
■ コラーゲン不足:ビタミンC誘導体
■ 色素沈着:レチノール(ビタミンAの一種)、ビタミンK
 

セラミドなどの保湿成分は肌を乾燥から守り、ビタミンC誘導体は皮膚の中で働くコラーゲンをしっかりサポートして肌の弾力をアップさせてくれます。

レチノール、ビタミンKには血行を改善する効果があり、肌のターンオーバーを促して色素沈着の解消に役立ちます。

今回ご紹介したポイントを参考に、ぜひみなさんも日頃のスキンケアにアイクリームをプラスして、若々しく明るい目元を目指してみてくださいね!
 

 
 

まとめ

30代では、感じ始めた目の周りに衰えを40代・50代に持ち越さないように予防対策することが大事です!

さらに、疲労やストレスによって目の下のクマに悩んでいる30代も多いので、両面でしっかりと対策を打つことが30代には求められます。

40代・50台になってからでは遅いですからね・・・。

なので、目の周りの衰え予防として、クマ対策として、両方しっかりと対策された【メモリッチ】を継続して若々しい笑顔を保ちましょう!!